SMBCモビットの審査はパートでも合格できる?

084162

最近では、パートの方でも消費者金融を利用するようになってきました。消費者金融が登場した頃は、利用対象者は男性の正社員に限定されていました。

しかし最近では、正社員でなくても消費者金融でお金を借りることができるようになっています。パートであれば、毎月一定額以上の収入がありますので、借入条件の「安定した収入」を満たすことができます

SMBCモビットでも、パートで働く方の申込を可能としています。一定額以上の毎月の収入があることが証明できれば、十分審査に合格することができるでしょう。

ただし、パート収入の金額はそれほど多くはないでしょうから、申込可能金額もそれほど多くは期待できません。

SMBCモビットも「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1を越える申込はできないことになります。

例えば、毎月のパート収入が5万円の場合、年収に換算すると60万円となります。これの3分の1、つまり20万円が申込上限金額となります。当然、審査の過程で上限20万円で合格できるとは限りません。

収入を証明する書類についても注意が必要です。パートの方で年収証明証を提出できない場合には、何らかの手段で収入を証明する必要があります。

毎月の給与明細や、給与の振込記録などを自分で整理して、きちんと証明できる状態で申込を行いましょう。

ある程度の収入が証明できれば、パートの方でもSMBCモビットの審査に合格することは可能です。収入その他の条件を自分なりに整理しながら、十分な体制で審査に臨むようにしましょう。

SMBCモビットの10秒審査と信用情報

最近の消費者金融では、瞬時に借入可能かどうか判断するサービスがあります。「○○秒診断」といったツールがホームページ上に整っており、利用者に便利なサービスとなっています。

消費者金融最大手のSMBCモビットにも「10秒審査」というサービスがあります。必要項目を入力していくと、借入可能かどうか瞬時に判断してくれます。

しかし、このサービスを利用する場合には、一つ注意しておかなくてはいけないことがあります。それは「10秒審査」を利用すると信用情報に登録される、ということです。

「10秒審査」では開始前に、入力情報を個人情報機関に登録する同意を求めることになっています。画面上で確認したうえで同意するようになっているのですが、安易に「同意する」をクリックされる方も多いのではないでしょうか。

その後、氏名・性別・生年月日・メールアドレス・携帯電話の有無・携帯電話番号・自宅住所・自宅電話番号を入力しますので、この段階で信用情報に登録されることになります。つまり、10秒審査とはいえ、申込履歴として保存されることになるのです。

仮に10秒審査に不合格となると、その履歴も登録されてしまいます。こうなると、例えば他社で申込を行う場合に審査上悪影響を与えるかもしれません。

10秒審査で合格すると、その場から正式申込に移ることができます。しかし、SMBCモビットの10秒審査は、信用情報の取扱は、正式申込と同様であるということを覚えておきましょう。

 

Mcmullen