ビジネスローンと即日融資について

153894

ビジネスローンは、ビジネス用途に利用するのを想定しているローンですが、特に利用用途が定まっているわけではありません

特徴は、極度額が高いという点です。大きいところだと、1000万円ほどの枠をもらうことも可能です。

その分審査の条件が厳しめとなりますが、即日融資に対応している消費者金融系のビジネスローンであれば、審査に通過さえすれば即日融資を受けることが可能となります。

銀行系のカードローンにもビジネスローンはありますが、銀行系の場合は通常のカードローンも審査に時間がかかる傾向にあり、即日融資には対応していないところがほとんどです。そのため、ビジネスローンも同様に即日融資に対応してないところが多くなります。

ただ、審査の時間が短いところは最短翌営業日での融資が可能となっているところもあるため、即日ではありませんがそれなりに早い融資を受けることが可能となります。

銀行系のカードローンに審査がかかる理由は、審査をしているのが銀行ではないからです。保証会社となる業者が審査を行います。

これは、信販会社や消費者金融業者がなっています。審査基準はそのサービス用に独自に作っているため、緩いとされる業者が保証会社になっていても、緩くなるわけではない点には注意が必要です。

以上のように、ビジネスローンは即日融資が可能なものとそうではないところがあります。そして、即日融資が可能なところは、その分金利が高い傾向にあります。

自営業者のキャッシング

自営業者の方は、キャッシングの審査が不利といわれています。収入が景気に大きく左右される自営業者の方では、不安定さが強調されてしまうためです。

確かにキャッシングの審査では、厳しく判断されてしまいますが、決して合格できないというわけではありません。

自営業者の方でも、その収入が「安定している」ことさえ証明できれば、十分に審査に合格することができます。そのためには、より多くの書類を準備することが求められます。

自営業者の収入を証明する書類としては「確定申告書」が一番に挙げられますが、場合によっては他の書類も準備しておきましょう。

毎月の売上明細や収支明細をきちんと整理して、その収入が常に安定していることを証明するのです。他には、請求書や受注書などの事業に関係する書類を、日頃から整理しておくことが大切になってくるでしょう。

場合によっては、担当者と直接相談する必要もあります。事業内容や経理内容が複雑になればなるほど、審査担当者にきちんと説明する必要があるでしょう。

書類を丁寧に準備して、説明に筋が通っていれば、審査に合格する可能性も高くなります。

また多くの会社では、自営業者専用のキャッシングが準備されています。一般のキャッシングでは、お金の使い道(資金使途)は「事業性資金を除く」とされています。

対して、自営業者専用のキャッシングでは、借入した資金を事業資金・個人資金両方に活用できるのが大きな特徴となっています。

さらに、事業性資金として利用できるキャッシングは、「総量規制」の対象外ですので、年収の3分の1を越える貸出も可能となっていますので、利用を検討するのもいいかもしれません。

 

Mcmullen