ラピッドの即日融資の口コミと評判まとめ

hyouban

最近は、たくさんの消費者金融業者が営業活動をしていて、しかも即日融資等、便利に利用をすることができるようになってきているので、いざという時にたいへん頼りになるサービスとして一般社会にも定着してきています。

しかし、やはりお金を借りることになりますから、利息負担を負うことにもなりますので、できるだけ返済条件の良い業者を起用したいと考えるのは当然だと思います。

また、即日融資はいうまでもなく、借り入れ及び返済の手続きがより簡単な業者の方が、使いやすくて便利です。

その点、ラピッドという消費者金融業者は、たいへん使いやすいと口コミサイトなどでも好評を博している業者です。

ラピッドは、北海道銀行が経営をしている消費者金融サービスで、比較的大きな金融機関ですので、財務的な基盤は十分安定しています。

ラピッドの特徴は、電話での手続きを24時間受け付けしている点です。最近はインターネットからの申し込みが主流となっている中、電話で手続きをしたいと考える方にもおすすめの業者です。もちろんインターネットからの申請も可能です。

即日融資はもちろんのこと、申請から短時間で現金を受領することができるので、急ぎでお金が必要となるときでも頼りになります。

ラピッドの即日融資サービスなら、手続きがとても簡単で、しかも金利負担がかなり低めに設定されているため、たいへん使いやすく、負担感が少なく利用をすることができるのでお勧めです。

即日融資ランキングで参考になるポイント

午前中に申し込みを行うと、午前中もしくは午後には審査結果が伝えられ、銀行の営業時間が終わるまでに契約を交わすと即日融資が可能になると言う銀行や消費者金融が多くあり、インターネットの中にはランキング形式でお勧めの銀行や消費者金融が紹介されています。

ランキングと言うのは利用者数が多い銀行や消費者金融を一覧にしてあるもので、ランキングに記載されている金融機関の中でも1位にランキングされている会社は即日融資を受けやすいと言うメリットもあります。

但し、ランキングを利用する時には即日融資になる条件と言うものを把握しておく必要があります。

即日融資は銀行振り込みが行われる時間までに契約を完了させるのが一般的ですが、融資は振り込みだけではなく、カードローンを用意している消費者金融などの場合は専用のカードを利用して現金を引き出せる、現金は口座に送金と言う形で行われるものもあるのです。

例えば、消費者金融の中には無人店舗に設置されている自動契約機を使える金融業者がありますが、自動契約機は契約が完了した後に、その場で専用のカードを受け取れるようになっています。

融資して貰えるお金はカードの口座に送金が行われるため、金融機関が定休日の場合でも即日融資を受ける事が出来るようになっています。

銀行や消費者金融により営業時間や契約完了時間などが異なるため、即日融資を受ける事が出来る銀行などをランキングで調べる時には契約完了時間や営業時間などをチェックしておくのがお勧めです。

 

SMBCモビットの審査はパートでも合格できる?

084162

最近では、パートの方でも消費者金融を利用するようになってきました。消費者金融が登場した頃は、利用対象者は男性の正社員に限定されていました。

しかし最近では、正社員でなくても消費者金融でお金を借りることができるようになっています。パートであれば、毎月一定額以上の収入がありますので、借入条件の「安定した収入」を満たすことができます

SMBCモビットでも、パートで働く方の申込を可能としています。一定額以上の毎月の収入があることが証明できれば、十分審査に合格することができるでしょう。

ただし、パート収入の金額はそれほど多くはないでしょうから、申込可能金額もそれほど多くは期待できません。

SMBCモビットも「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1を越える申込はできないことになります。

例えば、毎月のパート収入が5万円の場合、年収に換算すると60万円となります。これの3分の1、つまり20万円が申込上限金額となります。当然、審査の過程で上限20万円で合格できるとは限りません。

収入を証明する書類についても注意が必要です。パートの方で年収証明証を提出できない場合には、何らかの手段で収入を証明する必要があります。

毎月の給与明細や、給与の振込記録などを自分で整理して、きちんと証明できる状態で申込を行いましょう。

ある程度の収入が証明できれば、パートの方でもSMBCモビットの審査に合格することは可能です。収入その他の条件を自分なりに整理しながら、十分な体制で審査に臨むようにしましょう。

SMBCモビットの10秒審査と信用情報

最近の消費者金融では、瞬時に借入可能かどうか判断するサービスがあります。「○○秒診断」といったツールがホームページ上に整っており、利用者に便利なサービスとなっています。

消費者金融最大手のSMBCモビットにも「10秒審査」というサービスがあります。必要項目を入力していくと、借入可能かどうか瞬時に判断してくれます。

しかし、このサービスを利用する場合には、一つ注意しておかなくてはいけないことがあります。それは「10秒審査」を利用すると信用情報に登録される、ということです。

「10秒審査」では開始前に、入力情報を個人情報機関に登録する同意を求めることになっています。画面上で確認したうえで同意するようになっているのですが、安易に「同意する」をクリックされる方も多いのではないでしょうか。

その後、氏名・性別・生年月日・メールアドレス・携帯電話の有無・携帯電話番号・自宅住所・自宅電話番号を入力しますので、この段階で信用情報に登録されることになります。つまり、10秒審査とはいえ、申込履歴として保存されることになるのです。

仮に10秒審査に不合格となると、その履歴も登録されてしまいます。こうなると、例えば他社で申込を行う場合に審査上悪影響を与えるかもしれません。

10秒審査で合格すると、その場から正式申込に移ることができます。しかし、SMBCモビットの10秒審査は、信用情報の取扱は、正式申込と同様であるということを覚えておきましょう。

 

プロミスで50万以上増額することは現実的にできる?

okane

プロミスは収入の少ない人でも気楽に利用ができる便利な金融機関で、この業者を使ってお金を借りている人は多いです。

この金融機関からお金を借りる時は最初に審査を受けて、その人の収入や職歴によって借りられる限度額が決まります。

その限度額は最初の段階ではかなり低く設定されることが多いので、プロミスで契約をした後で増額をしたいと考えることがあります。

プロミスの増額は業者に連絡をすると行うことができ、工夫をすればある程度借りられる金額を増やすことは難しくはありません。

金融機関としても多くのお金を借りてくれることはメリットがあるため、条件が整っていれば増額を簡単に受け付けてくれます。

プロミスの増額をする時は多少増やす程度ならば難しくはなく、しっかり返済をしていれば十分に可能です。しかし50万以上増やす場合は色々な工夫が必要なので、よく考えてから対応をした方がいいです。

50万以上借りられる限度額を増やすためには返済をしっかり行い、実績を作っておけば可能性はあります。金融機関は返済をして信頼できる人物に対しては、かなりゆるい条件で増額をしてくれることが多いです。

そのためこの金融機関を利用してある程度の期間返済を正しく行い、支払いの遅れを出さなければ50万以上限度額を増やせる事はあります。

ただし実際にどのような形になるのかは場合によるので、このような事をする時はプロミスの店舗まで行き相談をすることが大事です。

知っておきたいプロミスの審査ポイントと特徴

プロミスでキャッシングを利用する際、返済能力を確認するための審査が行われます。申し込み自体は20歳以上69歳以下で、安定した収入のある人ならば誰も可能です。

審査は申込者の年齢や性別、勤務先や勤務期間、年収や信用情報などをもとに調査されます。

信用情報とは、消費者金融や銀行などを通じてクレジットカードやキャッシングを利用しているか、また返済が延滞したことがないかなどが記されています。

プロミスに限らず、他の消費者金融で借り入れを行った記録も残りますので、返済で問題を起こしたことがあると、審査に通りにくくなるのが特徴です。

プロミスでは他の消費者金融からの借り入れが5件以上になると、お金に困っていると判断され、審査に通ることが難しくなります。

ポイントとしては、銀行やクレジットカード会社からの借り入れは含まれないため、ローンなどがあっても審査に大きな影響は与えません。

また、プロミスの審査に通った場合でも、限度額が少額に設定される人には特徴があります。

過去の利用者の返済率が低い25歳未満、もしくは50歳以上の独身男性は利用限度額が少なめになることがあります。

他にも、アルバイトやパートなどで収入がある主婦や学生は、年収が低い傾向にあるので少額利用になるケースが多く見られます。

勤務期間が3ヶ月未満や年収100万円以下の場合なども、収入に安定性が欠ける見なされます。収入が多く人でも、収入に増減がある自営業の人などは注意しましょう。

 

ビジネスローンと即日融資について

153894

ビジネスローンは、ビジネス用途に利用するのを想定しているローンですが、特に利用用途が定まっているわけではありません

特徴は、極度額が高いという点です。大きいところだと、1000万円ほどの枠をもらうことも可能です。

その分審査の条件が厳しめとなりますが、即日融資に対応している消費者金融系のビジネスローンであれば、審査に通過さえすれば即日融資を受けることが可能となります。

銀行系のカードローンにもビジネスローンはありますが、銀行系の場合は通常のカードローンも審査に時間がかかる傾向にあり、即日融資には対応していないところがほとんどです。そのため、ビジネスローンも同様に即日融資に対応してないところが多くなります。

ただ、審査の時間が短いところは最短翌営業日での融資が可能となっているところもあるため、即日ではありませんがそれなりに早い融資を受けることが可能となります。

銀行系のカードローンに審査がかかる理由は、審査をしているのが銀行ではないからです。保証会社となる業者が審査を行います。

これは、信販会社や消費者金融業者がなっています。審査基準はそのサービス用に独自に作っているため、緩いとされる業者が保証会社になっていても、緩くなるわけではない点には注意が必要です。

以上のように、ビジネスローンは即日融資が可能なものとそうではないところがあります。そして、即日融資が可能なところは、その分金利が高い傾向にあります。

自営業者のキャッシング

自営業者の方は、キャッシングの審査が不利といわれています。収入が景気に大きく左右される自営業者の方では、不安定さが強調されてしまうためです。

確かにキャッシングの審査では、厳しく判断されてしまいますが、決して合格できないというわけではありません。

自営業者の方でも、その収入が「安定している」ことさえ証明できれば、十分に審査に合格することができます。そのためには、より多くの書類を準備することが求められます。

自営業者の収入を証明する書類としては「確定申告書」が一番に挙げられますが、場合によっては他の書類も準備しておきましょう。

毎月の売上明細や収支明細をきちんと整理して、その収入が常に安定していることを証明するのです。他には、請求書や受注書などの事業に関係する書類を、日頃から整理しておくことが大切になってくるでしょう。

場合によっては、担当者と直接相談する必要もあります。事業内容や経理内容が複雑になればなるほど、審査担当者にきちんと説明する必要があるでしょう。

書類を丁寧に準備して、説明に筋が通っていれば、審査に合格する可能性も高くなります。

また多くの会社では、自営業者専用のキャッシングが準備されています。一般のキャッシングでは、お金の使い道(資金使途)は「事業性資金を除く」とされています。

対して、自営業者専用のキャッシングでは、借入した資金を事業資金・個人資金両方に活用できるのが大きな特徴となっています。

さらに、事業性資金として利用できるキャッシングは、「総量規制」の対象外ですので、年収の3分の1を越える貸出も可能となっていますので、利用を検討するのもいいかもしれません。

 

ユニーファイナンスで即日融資は受けれる?

85446

ユニーファイナンス、名前を聞いたことが無いという人も多いのではないでしょうか。ユニーファイナンスは、中小消費者金融の一つですが、顧客サービスは大手消費者金融にも劣らないとして、注目されている業者です。

ユニーファイナンスは、拠点が名古屋にあることから、東海地区でのみ貸出をしていたこともありましたが、近年は日本全国どこでも対応しています。

ユニーファイナンスで即日融資を受けることは、不可能ではありませんが、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。まず、即日融資を受けるためには、申し込みに必要となる書類をあらかじめ手元に用意しておくようにしましょう。

特に、大手消費者金融では、融資希望額によっては用意する必要のないことの多い収入証明書がユニーファイナンスでは必須となります。

収入証明書は、申し込み当日に用意しようとしても、なかなか難しい場合もありますので、事前に用意をしておく必要があるでしょう。

そして、即日融資でお金を借りるためには、申し込み時間にも注意をするようにしましょう。午前中の早い時間帯に申し込みを完了させることで、即日融資を実現しやすくなります。

そして、融資希望額を高額に設定し過ぎないように、必要最低限の価格で申し込みをするようにしましょう。

高額の融資希望額を設定してしまうと、審査に時間がかかってしまう可能性がありますし、審査を通過することが出来ない可能性もあります。確実な金額としては、20万円以下と言われています。

即日融資は1万円~借りれる?

即日融資は1万円から借りることが可能です。ほとんどの消費者金融や銀行のカードローンは、利用額が1万円からに設定されているため、審査を受けて枠を設定してもらえれば、即日融資で1万円を借りることができます。

枠は、初回は30万円ほどを見込むことができますので、その範囲で利用が可能です。初回に50万円以上の枠を設定してもらうこともあり得ますが、消費者金融のカードローンに申し込む場合は、年収証明書を提出する必要があります。

これは、貸金業法によって業者に求められていることです。また、それ以下の場合であっても、他社の利用を合計して100万円を超える場合も同様となります。

なぜこのようなルールになっているかといえば、借りすぎを防止するためです。現在、総量規制という規定があります。これは、年収の三分の一までに借金を規制するルールです。

貸金業法の規制に服する消費者金融業者は、もれなく適用されます。銀行の場合はそのルールには服しませんので、年収証明書の提出が求められる場合はもっと高く設定していることが多いです。

例えば、あるところは、100万円以上の枠を希望しない限り提出が不要としています。その額については銀行ごとに異なりますが、1万円程度の少額の融資を希望する場合には求められることはありません。

少額で求められないという点では、消費者金融も同様です。

即日融資を受けるための申込方法は、店頭、無人契約機、インターネットなどがあります。このうちインターネットで即日融資を受ける方法は、銀行振り込みとなります。