プロミスで50万以上増額することは現実的にできる?

okane

プロミスは収入の少ない人でも気楽に利用ができる便利な金融機関で、この業者を使ってお金を借りている人は多いです。

この金融機関からお金を借りる時は最初に審査を受けて、その人の収入や職歴によって借りられる限度額が決まります。

その限度額は最初の段階ではかなり低く設定されることが多いので、プロミスで契約をした後で増額をしたいと考えることがあります。

プロミスの増額は業者に連絡をすると行うことができ、工夫をすればある程度借りられる金額を増やすことは難しくはありません。

金融機関としても多くのお金を借りてくれることはメリットがあるため、条件が整っていれば増額を簡単に受け付けてくれます。

プロミスの増額をする時は多少増やす程度ならば難しくはなく、しっかり返済をしていれば十分に可能です。しかし50万以上増やす場合は色々な工夫が必要なので、よく考えてから対応をした方がいいです。

50万以上借りられる限度額を増やすためには返済をしっかり行い、実績を作っておけば可能性はあります。金融機関は返済をして信頼できる人物に対しては、かなりゆるい条件で増額をしてくれることが多いです。

そのためこの金融機関を利用してある程度の期間返済を正しく行い、支払いの遅れを出さなければ50万以上限度額を増やせる事はあります。

ただし実際にどのような形になるのかは場合によるので、このような事をする時はプロミスの店舗まで行き相談をすることが大事です。

知っておきたいプロミスの審査ポイントと特徴

プロミスでキャッシングを利用する際、返済能力を確認するための審査が行われます。申し込み自体は20歳以上69歳以下で、安定した収入のある人ならば誰も可能です。

審査は申込者の年齢や性別、勤務先や勤務期間、年収や信用情報などをもとに調査されます。

信用情報とは、消費者金融や銀行などを通じてクレジットカードやキャッシングを利用しているか、また返済が延滞したことがないかなどが記されています。

プロミスに限らず、他の消費者金融で借り入れを行った記録も残りますので、返済で問題を起こしたことがあると、審査に通りにくくなるのが特徴です。

プロミスでは他の消費者金融からの借り入れが5件以上になると、お金に困っていると判断され、審査に通ることが難しくなります。

ポイントとしては、銀行やクレジットカード会社からの借り入れは含まれないため、ローンなどがあっても審査に大きな影響は与えません。

また、プロミスの審査に通った場合でも、限度額が少額に設定される人には特徴があります。

過去の利用者の返済率が低い25歳未満、もしくは50歳以上の独身男性は利用限度額が少なめになることがあります。

他にも、アルバイトやパートなどで収入がある主婦や学生は、年収が低い傾向にあるので少額利用になるケースが多く見られます。

勤務期間が3ヶ月未満や年収100万円以下の場合なども、収入に安定性が欠ける見なされます。収入が多く人でも、収入に増減がある自営業の人などは注意しましょう。

 

Mcmullen