100万円の即日融資を希望する人の予備知識

h3_r

100万円の即日融資を希望する場合の予備知識として、総量規制があります。総量規制とは、借金の額を一定額に抑えるための規制です。

借りすぎによって返済をすることができなくなる人が出ないように、こういった規制が導入されています。

この総量規制がかかるのは、貸金業者です。貸金業者とは、貸金業法によってコントロールされている業者で、具体例は消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などです。

銀行はお金を貸すところではありますが、銀行法によって規律されているため、このカテゴリーに入りません。同様に、信用金庫も入りません。

総量規制は、このように消費者金融等の貸金業者にのみかかりますので、即日融資を受ける際に申し込む業者が貸金業者である場合には、自分の年収の3分の1に達している場合には審査に通過することはできません。

では銀行に即日融資を頼む場合は可能かというと、法律上は総量規制の対象となっていませんが、貸し付ける際に他社利用状況として斟酌しています。そのため、返済の見込みがないと判断されれば総量規制以上の融資を受けることはできません。

参照元:総量規制対象外のカードローンを比較!即日融資の審査スピード

また、100万円を借りる場合、貸金業者であれば、年収証明書の提出が求められます。これも、法律によって業者に義務付けられていることです。

具体的には、一つの業者で50万を超える融資、複数の業者を合わせて100万円を超える融資を希望する場合です。いずれにせよ、100万円の即日融資を希望する場合には年収証明書が必要となります。

即日融資が出来なかった人によくある理由

即日融資が受けられなかったという人の理由の一つ目としては、対応可能な曜日や時間で無かったというケースです。

即日融資を受ける際には土日や祝日では対応できないという場合や対応可能な営業時間を過ぎていたという場合があるのです。

24時間申込み受付可能、即日審査が可能、即日融資が可能などと書かれている事もあり、それを見ると24時間何時申し込みをしてもすぐに対応してくれるようにも取れるのですが、実際はそうでは無くて対応可能な時間はある程度限られているのです。

二つ目の理由としては記載内容に虚偽が見つかった場合です。

その理由がうっかりミスであろうとも故意であろうとも、虚偽内容が発覚した時点で信用を失ってしまい、信用が大切なキャッシングの場合はそうした事が無いようにしなくてはならないです。

例えば、正直に申告すると借りる事が出来ないのではないかと他社での借入状況を隠そうとしてもすぐに分かってしまうので、正直に申告するのが一番です。

三つ目の理由は免許証の住所と現在の住所が異なるという場合です。

キャッシングには身分証明書が必要ですが、身分証明書としては運転免許証が手元にあってすぐに用意が出来る人も多いのですが、その住所が現在の住所と異なる場合は公共料金の領収書など、現住所を証明する書類も用意する必要があります。

ところがそうした事は想定外であるとすぐに用意できない事もあり、そうなると即日融資が受けられなくなってしまう事もあります。

中堅消費者金融の即日融資

Check

銀行にはメガバンクと呼ばれる大手銀行以外に都市銀行があるように、消費者金融でも大手消費者金融以外に中堅消費者金融と呼ばれる金融業者があります。

大手消費者金融は華々しくテレビCMを流し宣伝することで顧客獲得をめざしていますが、地方都市には地域に密着して地道な営業活動で営業を続けている中堅消費者金融が存在しています。

これらの中堅消費者金融はグレーゾーンの金利返還訴訟で倒産していったところも多いのですが、現在残っている中堅消費者金融は顧客獲得のために大手消費者金融以上の努力を続けていて、主に大手消費者金融で融資が受けられなかった人を対象にした営業展開をおこなっています。

キャッシングを始めるとき、誰もが思うことですができれば大手消費者金融や銀行のカードローンを利用したい思いますが、大手を利用するためにはそれなりの属性が必要です。

すべての人が利用できるとは限りませんし、まして金融事故などを起こしていればまず審査に通りません。

しかし、中堅消費者金融は大手の審査にとおらなかった人でも審査をあまくすることで審査を通りやすくし、過去に金融事故があった人でも現在しっかりとした返済能力があると認められれば融資をしているところもあります

こういった地方の中堅消費者金融も、インターネットを利用して全国展開をしている業者もあります。

即日融資が可能なところはまだまだ少ないですが、即日融資が可能なところもあるので、大手にとらわれず融資が受けやすいことを考えると中堅消費者金融を申込むのもひとつの方法と言えます。